ホーム

サプリを利用してより効果的な頭痛対策を

治まらない頭痛は、本当にツライものです。

 

日本においては、成人の3人に1人が何らかの慢性的な頭痛の症状を抱えており
そして実は、そのほとんどの症状が原因不明とも言われています。

 

人それぞれタイプは違い、その症状も千差万別です。

 

朝起きたら頭が痛い

 

仕事中に急に

 

大切な日に限って

 

・・・etc

 

頭痛の症状の出方様々であり、の生活習慣や症状の原因から

  • タイミング(時間帯)
  • 場所(頭の位置)
  • 程度(持続時間・痛みの大きさ)

 

これらにも、非常に個人差があるものです。

 

そのため、なかなかピンポイントな治療法がないことも事実です。

 

ただし、何よりも慢性的(定期的に繰り返す)症状が

特に嫌なもの・憂鬱なものであることは、多くの方が納得するはずです。

 

このサイトは、そのんな「慢性頭痛」の克服のためのサイトになります。

 

<チェック!!>

↓↓当サイトもイチオシのベストセラーサプリ【ずきしらず】


 

根本的な改善策をとるべき

 

慢性的な頭痛に悩んでいる人が思っていることは

  • なるべく早く治したい
  • 自分の頭痛の原因を知りたい
  • 原因を解決して頭痛の頻度を減らしたい

 

いずれか、もしくは全てだと思います。

 

そしてこのサイトでは、そのための手助けとして

「サプリメント」を利用することをおすすめしています。

 

一時的な効果では意味がない

 

当サイトで紹介しているサプリは、「薬」とは異なります。

 

鎮痛剤といったアイテムは、一時的に痛みを緩和することはできますが

それでは根本的な解決とは言えないはずです。

 

慢性的な症状を改善するためには、より深い部分に働きかける必要があります。

 

そのためには、薬・鎮痛剤による一時的な<ごまかし>ではなく

自然・漢方の力による根本的なケアが相応しいはずなのです。

 

ここでは、上記の観点からおすすめできるサプリをランキング形式で紹介していきます。

 

第1位 ずきしらずの実



 

このサイトを見るまで知らなかった、という方がほとんどだと思いますが

実は知る人ぞ知る、ベストセラーアイテムと言える存在です。

 

頭痛体質緩和専用サプリであり、特に慢性頭痛(片頭痛)に対して

効果を発揮するとの意見が多くなっています。

 

「薬ではなくサプリで対処する」という、先駆けのアイテムでもあります。

 

⇒「ずきじらずの実」の詳しい解説ページへ

 

>>「ずきじらずの実」の公式サイトはこちら

 

第2位 ズキガード



 

毎日のパソコン仕事によって頭痛が慢性化している人や
生理期間の頭痛が思い人に特におすすめの頭痛サプリです。

 

⇒「ズキガード」の詳しい解説ページへ

 

>>「ズキガード」の公式サイトはこちら

 

日常生活の中でも改善する努力を

 

より根本的な解決のためには、サプリの利用だけでなく

より日常的な改善策を、とり始める・習慣とすることが必要です。

 

そしてそためには、自分の症状に関する原因と解決法を見つけ出すことが大切です。

 

慢性的にズキズキと痛む

 

⇒仕事・パソコンのやりすぎかも?

 

更年期に起きる頭痛

 

風邪をひいた際の頭痛

 

生理中・前後の頭痛

 

⇒短時間の強烈な痛み

 

頭痛という症状は、「ありふれた不調」でもありますが

様々な病気の初期症状でもあり、放っておくと重病につながる恐れがあります。

 

早めの対策で自力で治せるのか、医師に相談するべきなのか

より判断できるため、原因の究明はとても大切になります。

 

頭痛を引き起こす基礎的な要因

 

頭痛が起こるメカニズムは、非常に複雑であり

その原因と同じくらい、様々な要因が考えられます。

 

また頭痛のメカニズムははっきりと解明はされておらず

様々な説がありますが、要因を辿って行くと最終的には

  • 血液に炎症物質が流れること(特に脳内の血管でそれらが起こること)
  • 神経(自律神経・交感神経・・・etc)の不調・それらが刺激されて起こるもの

 

以上の2つのどちらかになります。

 

ここでは、頭痛を引き起こしていると考えられる基礎的な要因と

それによって引き起こされる、頭痛の特徴を紹介します。

 

血流の悪化

主に「片頭痛」と呼ばれる、短期的な強い頭痛の症状が起こります。

 

血管が収縮したり(細くなる)拡張したり(太くなる)ことによっておこります。

 

特に、収縮していた血管が拡大する際に

「三叉神経」という神経が刺激され、炎症物質が血液中に発生します。

 

片頭痛とはやや異なりますが、寝起きなどのタイミングや

喫煙時などの血管の伸縮によって、頭痛が発生することも多いです。

 

また「筋緊張性頭痛」と呼ばれる、鈍い痛みが長く続く症状は
同じ姿勢をとっていたり、肩が凝っていたりと血液の流れが滞っている場合に起こります。

 

特にパソコンなどの作業では、同じ姿勢を長時間同じ姿勢をとっていることで
体だけではなく目などの顔面の緊張も招くため、より脳に近い部分で血液の滞りが起きます。

 

身体的なストレスだけではなく、精神的なストレスが原因で

血液の流れが滞ることもあり、物理的なコリが無くても起こります。

 

以上は突発的にも起こり、また慢性化しやすい特徴があります。

 

知覚神経の不調

 

精神的なストレスなどで、「自律神経」のバランスが崩れることで起きる頭痛もあります。

 

乱れた自律神経は、「痛み」を感じる神経を狂わせます。

 

そして頭痛の原因が神経だと分かったとしても、その神経バランスを乱しているものが

何かを特定することは難いものであり、それを解決するための時間も必要になります。

 

そのため、より改善までに時間がかかることになります。

 

また神経自体が物理的に傷ついている場合もあり、その場合も時間をかけた治療が必要です。

 

これらの頭痛は、ほんのちょっとしたことで治ることもあれば

なかなか改善せずに「癖」となり、いわゆる「頭痛持ち」になっていく恐れがあります。

 

「慢性頭痛」の原因と対処法についてもっと詳しく知る

 

頭痛に対する基礎的な対処

 

頭痛が起きた際に、有効な手段は限られるものであり

実際には、それほど難しいことではありません。

 

ここでは、「薬を飲む前に試すべきこと」を紹介していきます。

 

頭痛が起きてしまったら、まず冷やしましょう。

 

一番有名で一番行われている民間療法です。

そして、何よりも効果が高い手段です。

 

頭痛の根本的な原因は、血液中の「炎症物質」です。

 

コブや打撲などと同じように、冷やすことで患部に加え

体中の血液も冷やされるため、痛みが引く時間が早まります。

 

頭痛の際に冷やす場所で、一番適切なポイントは「後頭部の首近く」です。

 

風邪による発熱の際と同じく、脇の下を通る血液を冷却することで大きな効果があります。

 

市販されている、患部冷却のための「シール用のジェルシート」は

炎症自体には、それほど効果が高いわけではありません。

 

しかし、冷たく感じることによって精神的にもリラックスし

神経も落ち着くため、貼らないよりは貼ったほうがいいです。

 

頭痛が起きた際の基本的な対処法は、「一に冷やす、二に冷やす」なのです。

 

「頭痛が起きにくい体」に近づけるために

 

このサイトでは、頭痛に対するアプローチとして
薬に頼らず頭痛の頻度を減らすことを目的とした、<頭痛体質の改善>を推奨しています。

 

今現在、何らかの薬(処方箋)によって

頭痛に対処している方は、ぜひ試してみることをおススメします。

 

もしかしたら現在処方している薬よりも、少し高価になってしまうかもしれませんが

頭痛が「起こりにくい」体になれば、結果的に経済的な負担も軽減されていくはずです。

 

>>市販の頭痛「薬」に頼らず「頭痛体質」を改善していく

 

まず試して欲しいNo1サプリ
最近の投稿