ホーム » 頭痛トピック » 

熱はないけど咳をした時に頭痛がする原因は?

風邪や発熱の際に、血液中に炎症物質が発生し

頭痛の症状が発生するのは、珍しいことではありません。

 

しかし熱はなく、少し咳をするだけででも頭痛がする

咳をした瞬間だけ、頭痛が起きるという症状もあります。

 

咳が出るということは、多少なりとも風邪を引いているということでもあり

体内で細菌を退治するために、炎症反応が起きた結果頭痛を始めとした痛みが発生します。

 

また、咳をすることによって

血管を広げる作用のある「アセチルコリン」という物質が発生します。

 

血管が広がることによって、頭蓋骨内の脳や神経が圧迫され頭痛が起きます。

 

これは当たり前の体の反応ですが、それとは別の症状として

「頭痛をした瞬間だけ痛い」という症状もあります。

 

それほど心配する必要がないケース

 

咳をする瞬間というのは、血管を始めとして神経などにも圧力がかかります。

 

本来、それ自体が頭痛のリスクになり得ます。

 

炎症物質が発生している際などは、普段よりもより負担がかかるため

普段では感じないような小さな痛みが、「増幅」されてしまうこともあります。

 

また、「良性咳嗽性頭痛」と呼ばれる特に頭蓋内の血管・神経が広がり圧力がかかる症状もあり

普段から偏頭痛持ちの人は、発症しやすい傾向があります。

 

咳による頭痛の克服

 

「良性」ということもあり、重大な症状におちいることはありません。

 

通常の頭痛と同じく、炎症を抑えることが何よりの対策であり

首筋等の血管が通っている部分を冷やし

それでも効果がないのであれば、頭痛薬・鎮痛剤を用いるしかありません。

 

良性咳嗽性頭痛には、「インドメタシン」配合の鎮痛剤が

非常に効果的であることが分かっており、慢性頭痛に悩んでいる人は

「症状による使い分け」も、大切なことです。

 

また、ちょっとした咳の瞬間に頭痛が起きる症状として

「慢性硬膜下血腫」が疑われる場合もあります。

 

注意するべきケースもあるということを、忘れないようにしましょう。

 

外傷などが原因によって、硬膜周辺に血腫が発生し

以前、頭を打った経験がある人は要注意であり

  • 体がしびれる
  • ろれつが回らない

 

等の症状も見られる場合は、すぐに医師に相談し検査を受けましょう。

現代ならではの新しい頭痛要因

最近なぜだか分からないけど、たまに頭痛がする

 

ということは珍しい症状ではありません。

 

段々慣れてきてしまって、当たり前のように付き合っているかもしれませんが

何か「大きな病気」の前兆であったり、そのまま慢性頭痛につながってしまうかもしれません。

 

原因が分からないということは、

隠れた新たな原因が頭痛を引き起こしている可能性もあります。

 

頭痛といえば比較的多い不調の症状で

  • 疲れすぎ
  • 寝不足
  • ストレス

 

等、だいたいの原因は決まっていました。

 

市販の薬・鎮痛剤を飲んで安静にするということが基本でしたが

それだけでは、なかなか治りずらい頭痛も発生しているようです。

 

最近では、今までになかった「新しい頭痛」も増えてきています。

 

「現代病」としての頭痛

 

従来とは違う、新しい病気の症状というものは

今までの生活と大きく変わったことが原因であると考えられる一面もあります。

 

こと頭痛に関しては、「パソコン」や「スマートフォン」といった

電子機器の登場・普及が要因と考えられる、新たな慢性頭痛が登場してしまいました。

 

パソコンなどを、個人が当たり前のように

使い始めたのは今から15年くらい前からの流れです。

 

また、ここ5年でスマートフォンものシェアも一気に拡大したことによって

  • 眼精疲労
  • 肩こり

 

そして、それらが引き起こす頭痛で悩む人も一気に増えました。

 

スマホもパソコンも持っていないという人は珍しいはずで

その分、ほとんど全ての人の頭痛のリスクが高まったことになります。

 

紙の本がタブレットPCに取って代わったりと、

技術革新というのは基本的に電子化に向かいます。

 

つまり、科学技術が進化すればするほど

頭痛のリスクは上がっていくため、その分対策が必要になります。

 

現在は1人に1台、個人で持っていることが

当たり前になっていますが、1人で長時間モニターに向かって

作業するというのが一般化したのは最近のことです。

 

今では、中学生が所有しているのもめずらしくありません。

 

悪循環が起こりやすい状況

 

このパソコンやスマートフォンが原因の頭痛は、

「従来の慢性頭痛」である、

  • 片頭痛
  • 緊張型頭痛

 

以上の、2つの頭痛の両方の側面を持っています。

 

パソコンの画面をずっと見ていることにより

 

自律神経の乱れを引き起こし、それによって眠りの質が悪くなる

 

ということは分かっていて、これは片頭痛のメカニズムと同じです。

 

パソコンを使う際は、長時間に亘り同じ姿勢をとり続けることによって

体液の循環が悪くなり、緊張型頭痛の要素が蓄積されます。

 

また、仕事でパソコンを使っていない若年層でも

スマホの使用時に猫背になることが多くなり、肩こりを起こしやすい状況になっています。

 

パソコンやスマホは、それを使うこと自体が頭痛の原因でも有り

また眼精疲労を引き起こす原因にもなります。

 

そしてその眼精疲労によって頭痛が引き起こされるという、悪循環が起こってしまいがちです。

頭痛を引き起こす食べ物・成分にはどんなものがある?

頭痛を引き起こす、その原因となる食材に関して考える際には

基本的に、血管を拡張させるものに注意する必要があります。

 

それらは日常の中に潜んでおり、非常に気楽に口にしているものでもあります。

 

劇薬や毒物等で無い限り、致命的な頭痛にはなりにくいですが

知っているだけで防げることもあるため、頭の片隅に入れておきましょう。

 

血管を広げる栄養素は頭痛を招くことにつながる

 

慢性的な頭痛に悩んでいる人の中で、一番症状が多い「片頭痛」

血管が広がることによって、引き起こされます。

 

その血管を、なるべく広げないようにするためには

広げてしまう食材を把握し、自分え調整するひつようがあります。

 

血管を広げてしまう栄養素には、

  • ポリフェノール
  • チラミン
  • グルタミン酸ナトリウム

 

以上の3つが主に挙げられます。

 

ポリフェノール

 

「ポリフェノールは体にいい」というイメージを持っている人も多いと思いますが、

頭痛の原因となる血管の拡大を引き起こす最たるものです。

 

ポチフェノールを多く含む食材・・・ワイン、チョコレート

 

チラミン

 

チラミンは、摂取直後は血管を収縮させますが

その後に拡大させる作用があり、そのギャップによって頭が引き起こされます。

 

チラミンを多く含む食材・・・チーズ、たまねぎ、チョコレート

 

グルタミン酸ナトリウム

 

グルタミン酸ナトリウムは、特に脳の血管を広げる傾向があるため

含んでいる食材は、非常に頭痛を引き起こしやすい食材になります。

 

グルタミン酸ナトリウムを多く含む食材・・・コンビニ弁当、スナック菓子、ジャンクフード全般

 

アルコール・カフェイン

 

以上の3栄養素以外にも、「アルコール」は忘れてはなりません。

 

二日酔いの頭痛を経験したことがある人は分かると思いますが

血管の伸縮と、血液への頭痛を引き起こす物質の流入が

同時に起こるため、頭痛が起こるのは避けられません。

 

また、少量のカフェインは頭痛薬にも含まれ

頭痛の沈静に効果がありますが、過剰摂取はその逆になります。

 

ワインとチーズの組み合わせ、コーヒーとチョコレートの組み合わせは

非常に相性がよく、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが

 

日常の中にも、こういった非常に危険な組み合わせがあります。

 

自分でも思い当たる節があるか、思い出してみましょう。

 

>>結婚式に向けたムダ毛の処理方法

頭痛が前兆・初期症状となる病気

「初期症状」や「前兆」として、頭痛の症状がある病気(疾患)は

非常に数多く、「ほぼすべて」と言っても過言ではありません。

 

というよりも

 

頭痛や吐き気といったものは、体内で起きている異常を知らせるための

典型的なシグナルであり、それによってトラブルに気づくということは自然なことです。

 

「ちょっとした風邪」でも、初期症状~病中・後には頭痛があり

また「高血圧」といった、慢性的な病気に関しても

一定のラインを超えた際には、「そろそろ危ないよ」というシグナルを送り始めます。

 

「血流の悪化」が起きているケース

 

女性を中心として、体調不良や病気の際には

多くの場合、「血流の悪化」という要素が付きまといます。

 

これは「冷え性」といった、ちょっとした体質から

「腎機能障害」から「動脈硬化」まで、多くの症状に当てはまります。

 

血流の悪化は「コリ」を発生させ

頭痛の素をなる物質を、血液内に発生してしまうことになります。

 

これは、「緊張型頭痛」の発生原理でもあります。

 

体調が悪い時・何らかの疾患を患っている場合、基本期には血流が悪化しており

その結果として、頭痛が発生することになります。

 

しかし、ほとんどの疾患で見られる症状であるため

実際には「どの疾患なのか」ということは、判断出来ません。

 

本当に「ヤバい」ケースを見逃さない

 

一方で「よくある不調」ではなく、本当に重い不調の中にも

頭痛が初期症状・前兆となるものも多いです。

 

そして、最も注意しなければならないことが

「結果としての頭痛」ではなく「頭痛自体」が、疾患の症状である場合です。

 

具体的には「脳腫瘍」といった、物理的な腫瘍によって

周囲の組織が圧迫され、頭痛の症状が現れている症状もあります。

 

また「脳梗塞」や「くも膜下出血」といったものは

「即死」といったものではなく、症状が軽い場合は「頭が痛い」という症状で済む場合もあります。

 

ただし、そのまま放置することによって

症状は進行し、治療をしなければ「確実に」死亡します。

 

慢性頭痛・頭痛を体質を直しておくべき真の理由

このように「慢性頭痛」の人は「本当にやばい」場合の

「本当のSOSサイン」に気づかないことも多いです。

 

これは「太っている人が妊娠に気づくのが遅くなる」

といった症状に近く「いつものこと」として認識してしまい

 

それによって発見が遅くなってしまうケースも珍しくありません。

 

そのためにも、異変にいち早く気づくためにも

慢性・体質的な頭痛は改善しておく必要があります。

頭痛薬・鎮痛剤の日常的な使用が危険な理由~薬に頼らずに頭痛を抑える体に~

慢性頭痛に悩まされている人の中には

頭痛薬や、鎮痛剤と呼ばれるものを薬局で購入したり

医師に処方してもらい、常飲している人も多いと思います。

 

少しでも症状が出たら飲む人もいれば、

「最後の手段」として、また常に持っていることで

安心して生活を送れる人など、使い方はそれぞれだと思います。

 

しかし、「これさえあれば何とかなる」と考え

毎回薬に頼ってしまうことは、おすすめできません。

 

>>頭痛体質を改善して、薬に頼らない生活を送る

 

実は「劇薬」である

 

頭痛薬・鎮痛剤の効果としては、炎症を鎮めるものや

痛みをごまかすもの等、様々なものがあります。

 

自分が常用している薬は、以上のどちらなのか

もしくは両方の効果があるのか、しっかりと把握することが大切ですが

しっかりと理解している人は意外と少ないことが現実です。

 

現在は、胃を中心とした内臓に負担をかけない

薬の開発・販売が勧められていますが、痛みをとる薬というものは基本的に劇薬であり

「麻薬の一歩手前」とも、考えられる効果を利用しているものでもあります。

 

積み重なるダメージと増えていく耐性

 

頭痛薬・鎮痛剤が胃を荒らす、ということは

ご存じの方も多いと思いますが、そのダメージは頻度や量に比例します。

 

つまり服用期間が長いほど、内臓にはダメージが積み重なっています。

 

また、腎臓を始めとした内臓への負担が大きいため

「むくみ」などの症状が出やすくなることも特徴です。

 

むくみの症状が出やすくなっている場合、

現在使用している頭痛薬・鎮痛剤の使用を一度中止して

他の方法を検討するべき段階かもしれません。

 

そして、このサイトで何度も書いているように

「薬」で痛みを治める(ごまかく)ことの最大のデメリットは

体が薬に慣れてしまい(耐性ができる)ことによって

薬を飲まなければ、頭痛が治まらない体質になってしまうことです。

 

それはつまり、最終的に

 

「薬を飲んでも、頭痛を治めることができなくなってしまうリスク」

 

が発生してしまう恐れがあります。

 

これが最も怖いことです。

 

そうならないためにも、薬に頼らなくてすむような

根本的な体質の改善が必要になります。



 

薬に頼らないために頭痛の頻度を減らすためのケアを

 

頭痛が起きた時にとる行動としては、

  • 少し体を休める
  • 頭や首筋を冷やす
  • 頭痛薬・鎮痛剤を服用する

 

ということが、一般的な対処と考えられます。

 

特に薬に頼って早急に治したいという人が多く

「頭痛が起きたら薬を飲む」ということが当たり前になっています。

 

薬では頭痛は完治しない

 

慢性的な頭痛に悩まされている人は、自分で選んで購入している「常備薬」や

病院に通っている人は医師から処方された頭痛薬・鎮痛剤があると思います。

 

繰り返しになりますが、それらは根本的な頭痛の要因を改善するわけではなく

一時的に「痛み」を消すための成分であるに過ぎません。

 

鎮痛剤に至っては、神経を麻痺させているだけなのです。

 

薬によって痛みを取ることの一番の問題は、耐性ができてしまうことにあります。

 

症状が起こった際に、毎回同じ薬を摂取していると

同じ量では段々効果が薄くなってきて、

最終的には全く効かなくなってきてしまうことがあります。

 

また、鎮痛剤は胃を荒らす副作用があることがほとんどのため

頻繁に大量に服用することによって、胃痛などの弊害も発生します。

 

根本的な要素を改善するしかない

 

痛みを取るのではなく、克服すると言うことを考えた際には

西洋医学的な科学物質によって、一時的に痛みを消すのではなく

ハーブや漢方などの、どちらかというと東洋医学によって

アプローチすることが効果的だということも分かってきています。

 

ネット限定販売の商品のため、見たことないという方も多いと思いますが

あまり知られていない中でも利用者は多く、満足度も非常に高くなっています。

 

根本的な要因にアプローチして、改善していくことが

慢性頭痛を<克服>するための唯一の方法です。

 

通常の薬しか試したことがないという方は、ぜひ試してみることをおススメします。

 

>>頭痛体質を改善して薬に頼らない生活を送る

まず試して欲しいNo1サプリ
最近の投稿