ホーム » 頭痛トピック » 頭痛が前兆・初期症状となる病気

頭痛が前兆・初期症状となる病気

「初期症状」や「前兆」として、頭痛の症状がある病気(疾患)は

非常に数多く、「ほぼすべて」と言っても過言ではありません。

 

というよりも

 

頭痛や吐き気といったものは、体内で起きている異常を知らせるための

典型的なシグナルであり、それによってトラブルに気づくということは自然なことです。

 

「ちょっとした風邪」でも、初期症状~病中・後には頭痛があり

また「高血圧」といった、慢性的な病気に関しても

一定のラインを超えた際には、「そろそろ危ないよ」というシグナルを送り始めます。

 

「血流の悪化」が起きているケース

 

女性を中心として、体調不良や病気の際には

多くの場合、「血流の悪化」という要素が付きまといます。

 

これは「冷え性」といった、ちょっとした体質から

「腎機能障害」から「動脈硬化」まで、多くの症状に当てはまります。

 

血流の悪化は「コリ」を発生させ

頭痛の素をなる物質を、血液内に発生してしまうことになります。

 

これは、「緊張型頭痛」の発生原理でもあります。

 

体調が悪い時・何らかの疾患を患っている場合、基本期には血流が悪化しており

その結果として、頭痛が発生することになります。

 

しかし、ほとんどの疾患で見られる症状であるため

実際には「どの疾患なのか」ということは、判断出来ません。

 

本当に「ヤバい」ケースを見逃さない

 

一方で「よくある不調」ではなく、本当に重い不調の中にも

頭痛が初期症状・前兆となるものも多いです。

 

そして、最も注意しなければならないことが

「結果としての頭痛」ではなく「頭痛自体」が、疾患の症状である場合です。

 

具体的には「脳腫瘍」といった、物理的な腫瘍によって

周囲の組織が圧迫され、頭痛の症状が現れている症状もあります。

 

また「脳梗塞」や「くも膜下出血」といったものは

「即死」といったものではなく、症状が軽い場合は「頭が痛い」という症状で済む場合もあります。

 

ただし、そのまま放置することによって

症状は進行し、治療をしなければ「確実に」死亡します。

 

慢性頭痛・頭痛を体質を直しておくべき真の理由

このように「慢性頭痛」の人は「本当にやばい」場合の

「本当のSOSサイン」に気づかないことも多いです。

 

これは「太っている人が妊娠に気づくのが遅くなる」

といった症状に近く「いつものこと」として認識してしまい

 

それによって発見が遅くなってしまうケースも珍しくありません。

 

そのためにも、異変にいち早く気づくためにも

慢性・体質的な頭痛は改善しておく必要があります。

 

まず試して欲しいNo1サプリ
最近の投稿