ホーム » 「慢性頭痛」の原因と治し方

「慢性頭痛」の原因と治し方

「慢性頭痛」とは、いわゆる「頭痛持ちの」の人の中で最も多いと思われる症状です。

 

その中でも、「片頭痛」と呼ばれる頭の片方だけが

「ズキズキ」と痛む症状は、代表的な慢性頭痛の症状と言えます。

 

また頭痛と同じタイミングで、「吐き気」や「眩暈」等の症状も出ることが多く

頭痛が治まった後も、それらの症状が尾を引くことも多いです。

 

音や光に敏感にあることも特徴的であり、目が霞んだり、チカチカすることもあります。

 

直ちに重篤な症状になることは、少ない症状であり

時間が経てば回復していきますが、その痛みに<慣れる>ことはなく

できるだけ早く治す(頻度を減らす)ため、改善策をとる必要があります。

 

はっきりとした原因は分かっていないことも、慢性頭痛の特徴です。

 

ただし慢性頭痛の中には、片頭痛の他にも

「緊張型頭痛」があり、それぞれ原因は少しずつ違うことが分かっています。

 

「片頭痛」の原因

 

頭の片方が痛くなる片頭痛は、ホルモンや神経などの

体の根本的な機能が関わっていることが多いと考えられています。

 

男性に比べ、女性の患者が3倍というのも特徴的です。

 

神経の乱れ

 

女性の患者が多い理由に、「生理痛」や「更年期障害」といった

女性独特の疾病の症状の中に、慢性頭痛も含まれることが多いことが挙げられます。

 

これらの原因は、ホルモンバランスの乱れ、それによる自律神と経の乱れが

影響していることは分かっており、その結果の1つとして頭痛が起きると考えられています。

 

生活習慣の乱れ

 

睡眠不足の状態が続くことで、偏頭痛が起こる頻度が上がります。

 

睡眠不足による、交感神経・副交感神経のバランスが崩れは

自律神経を乱すものであり、頭痛にも関わっている血圧にも影響を与えます。

 

ストレス

 

「ストレス」は、あらゆる不調の原因です。

 

頭痛においても例外ではなく、特に慢性的な頭痛の原因になることも多いです。

 

やはり、自律神経の乱れにも大きく影響するものであることからも

頭痛の根本的な原因は、心身のストレスであるとも考えられます。

 

「緊張型頭痛」の原因

 

片頭痛よりも軽く・鈍い痛みが比較的長く続きます。

 

原因となる患部もジンジンと熱く・痛くなることが分かります。

 

物理的なストレス

 

「筋力トレーニング」や、「無理な姿勢」といった

長時間の負荷が体にかかった際に、発生するケースが多いです。

 

大して疲れを感じていなくても、体にとってはストレスになっていることも多く

血液を流れる「疲労物質」が、頭痛を引き起こすことになります。

 

体液の流れの滞り

 

体の「こり」も、慢性頭痛の原因とされ

肩こり・首のこりだけでなく、「目の疲れ」などにによって引き起こされます。

 

それらは血流や、リンパ液の滞りが原因とも考えられ

パソコン等の作業によるこりは現代病とも言われています。



 

慢性頭痛の改善策

 

慢性頭痛は「癖になっている頭痛」であり、癖になるのには必ず理由があります。

 

その原因もまた癖になっている、慢性的であることがほとんでです。

 

そして、その原因を解消しないかぎり根本的な解決にはなりません。

 

自分に思い当たる節が無いかよく考えて見ましょう。

 

慢性頭痛の原因は外面的な・物理的なものと

内面的な・精神的なものに分けることができます。

 

物理的な要因の解消

 

肩こりや首・背中のこりは、慢性頭痛を引き起こす最も多い要因です。

 

体液(リンパ液)の滞りが原因であるため、

マッサージなどで揉み解しすのが一番効果があります。

 

頻繁にマッサージなどにいけない人は

ゆっくりとお風呂に使って自分で揉み解しましょう。

 

  • ぬるめのお風呂に長時間
  • 熱めのシャワーで局部的に

 

以上は、いずれも効果はあります。

 

また、忘れてはいけない・意識しなければならない要素は「姿勢」です。

 

肩こりや腰痛の大きな原因は、仕事中・作業中の姿勢にあります。

 

基本的には同じ姿勢を長時間とることは体によくありません。

 

体液が滞りがちになるのも、当然のことと言えます。

 

仕事などで仕方が無い場合にも、

  • できるだけ正しい姿勢で過ごす
  • たまにイスから立ちって背伸びやストレッチをする

 

コリを防ぐために、できる限りのことは実践しましょう。

 

精神的な要因の解消も重要

 

ストレスによる自律神経の不調も、慢性頭痛の大きな原因ですが

社会に出れば、ストレスを感じないことはほぼ不可能です。

 

仕事だけでなく、人間関係など、あらゆる場面でストレス要素は存在します。

 

そして、それらの「ストレスの蓄積」が頭痛の元を招くのです。

 

まずは頭痛を解消することではなく、ストレスを解消することを考えましょう。

 

自分なりのリラックス法を考えたり、

できるだけストレスを避けることを意識しましょう。

 

また、基本的なことですが体調を整えるためには

規則正しい生活と栄養のしっかりとれる食生活がとても大切です。

 

昼間に太陽を浴び、夜(10~4時)に睡眠をとることで

リラックス成分である、「セロトニン」の分泌が活発になることが分かっています。

 

避けられないことだからこそ、解消を最優先事項としましょう。

 

>>>市販の頭痛薬が効かない人はこちら

 

まず試して欲しいNo1サプリ
最近の投稿