ホーム » 「風邪(発熱)」が原因の頭痛の対策と治し方

「風邪(発熱)」が原因の頭痛の対策と治し方

「風邪(発熱)」の症状の1つとしての頭痛に関しては、

誰もが経験したことのある、ありふれたものでもあります。

 

風邪の症状である、発熱や鼻水のその仕組みは

細菌やウィルスに感染した際に起きる、典型的な体の反応であり

「頭痛が起きるメカニズム」を理解するうえで、

とても分かりやすい、典型的な生理現象によるものです。

 

風邪が起きた際に頭痛が起きることは必然的

 

ウイルスや細菌などの、体にとって良くないものが

体内に入り込んだ際、体は血液中の「白血球」を

増やすことによってそれらと戦い、排除しようとします。

 

そして、多くの白血球を生み出し

それらの循環を促すためには、血管を膨張させることが必要です。

 

つまり、「片頭痛」が起きている時と同じ反応が起きているのです。

 

実際には、風邪等による不調が自律神経の乱れを起こしている場合と

自律神経の乱れがによって、発熱などのかぜの症状を引き起こしている場合の

2つの可能性が考えられるため、単純な血管の膨張が頭痛の原因ではない場合もあります。

 

また体調が悪いことに大して、ストレスを感じていることも考えられ

それによって神経が乱れ、頭痛を引き起こしている可能性も考えられますが

いずれにしても、風邪を引いていることがそもそもの原因自体でもあります。

 

幅広い頭痛のリスクを増幅させる風邪

 

頭痛には様々な要因がありますが、そのリスクのほとんどを上昇させるのが風邪でもあります。

 

「風邪は、万病の元」と言いますが、頭痛に関しても紛れもなくその1つなのです。

 

風による頭痛を改善する方法

 

風邪が原因の頭痛の対処法は、何よりまず風邪を治すことですが

風邪を治すことと、頭痛を抑えることを同時に考えた場合に

注意をしなければならないこと・やるべきことが分かれます。

 

鼻水や発熱などの「風邪の症状」と、頭痛の症状が両方ともかなりつらく

同時に改善したいと考える場合、言うまでもなくまずは医療機関に相談するのが確実です。

 

また頭痛の症状全般に言えることですが、症状が出ている・兆候がみられる場合に

やってはいけないこともあるため、注意しましょう。

 

特に自分の判断で、「風邪薬」と「頭痛薬」を同時に摂取するのは絶対にやめましょう。

 

これらは似ている成分が入っていることから、大丈夫だろうと思いがちです。

 

しかし、予想をしていなかったショック反応を招く危険性や

過剰に薬物を摂取することで「薬物乱用頭痛」を引き起こす可能性もあります。

 

基礎的な方法によって同時にケアできることも特徴的

 

風邪の症状と頭痛の症状が、同時に起きることが必然であるのであれば

そのケア方法に関しても、非常に基礎的な手段で同時に行うことができます。

 

  • 風邪
  • 頭痛

 

いずれの症状も、適切な場所を冷やすことが何より基礎的で有効な手段です。

 

  • 脇の下
  • 首筋
  • 後頭部

 

と、「冷やすべき」とされる場所に共通していることは

「血管がたくさん通っている」という特徴があります。

 

血管の膨張、血中の炎症物質が頭痛の原因であること

熱を下げるために大動脈を冷やすことは非常に理にかなっています。

 

また血流が滞っている場合も考慮し、軽いマッサージも試してみるべきと言えます。

 

体が余計暖まってしまうような気もしますが、まず血流を良くしてから覚ますことで

効率的に体全体の血液を冷やすことができ、冷やされた血液が体全体に回りやすくなるためです。

 

  • 早急に医療機関を訪れる
  • とにかく冷やす

 

ありきたりだからこそ、こういった当たり前のことが大切になります。

 

まず試して欲しいNo1サプリ
最近の投稿