ホーム » 「自律神経の乱れ」が引き起こす頭痛の対策と治した方

「自律神経の乱れ」が引き起こす頭痛の対策と治した方

頭痛の原因はストレスだったり、広がった血管による神経への刺激だったりと

様々なパターンが考えられますが、その根本的な要因を突き詰めて考えると

最終的には、「自律神経」に行き着くことも多いです。

 

自律神経は、体の様々な器官の働きや

分泌物質の量などの、あらゆる「加減」を調節している部分であり

この自律神経が乱れることによって、原因不明のトラブルが起こります。

 

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経によって構成されており

この2つがバランスを取り合うことによって、人間の体は円滑に動くことになります。

 

2つの神経のバランスが乱れている

 

交感神経は、主に体を興奮させ

内臓や筋肉の動きを活発にさせる作用があり

副交感神経は、主に体を沈静させ

気持ちを落ち着かせたり、眠りに誘う作用があります。

 

これらが乱れることによって、神経症や不眠症といった

精神的な不調が招かれることも有名です。

 

そして、身体的に最も影響を受けやすい項目が

血圧のトラブルや、便秘・下痢等の消化器系です。

 

自律神経の乱れは、直接的に頭痛を引き起こす場合と

その他の症状に付随して起こる場合とがあり

人によって傾向はありますが、予想できないものも多いです。

 

自律神経の乱れを招く要素

 

睡眠不足や栄養失調の際に、自律神経が乱れることはよく知られており

特に、女性側はこれらの要因を受けやすい傾向があります。

 

何と言っても「ストレス」は、頭痛そのものの原因ともなりえますし

結局は、それも自律神経が乱れることによるものです。

 

その場合精神的な不調も伴うため、より困難な症状になってしまう傾向があります。

 

基礎となる「ホルモン環境」の正常化

 

自律神経の状況を改善することは、体全体の機能を改善することでもあり

「頭痛」という要素だけでなく「健康」や「体調」が関わる

全ての要素に関して、状況を改善することにつながります。

 

しかしそれだけに簡単なことではなく、総合的な改善策が求められることになります。

 

この自律神経が関係している体の不調は

女性の「生理」に関わる不調に関して、共通しているものも多いです。

 

特に、頭痛はそのトラブルの大部分を占めるため

自立神経を安定させることが、結果的に生理の症状を

軽減させることにつながることも考えられます。

 

そして、この生理時の頭痛に影響しているものも「ホルモン」であり

ホルモン環境をコントロールしているのも、自律神経になります。

 

まずは、ホルモン環境の乱れを改善することが

自律神経の乱れを安定させることにつながり

また「ホルモン」とは「性ホルモン」だけではないため

男性にとっても、非常に重要な要素になってきます。

 

「生理時」の頭痛についての詳しい解説

 

結局は「規則正しい生活」を送るしかない

 

自律神経のバランスを整えるための、改善策は非常に単純であり

いわゆる「規則正しい生活習慣」です。

 

  • 規則正しい生活リズム(早寝早起き)
  • 1日3食のバランスのいい食生活

 

これさえ実践していれば、ホルモンが減少する前の

若い時期であれば、少なくともホルモンが

自律神経に影響を与えてしまうということはないはずです。

 

しかし、これら以外にも自律神経を乱す要素として

「ストレス」というものもあり、「自律神経失調症」といった疾患を始め

最も自律神経に影響を与えやすいものでもあります。

 

「ストレス」の軽減

 

ストレスは、

  1. まずは「感じない」
  2. 感じてしまったら「排除する」

 

という2つの対策しかありません。

 

1つめの「感じない」ことは、社会生活を送っていれば

困難であり、というよりも「不可能」になります。

 

そのため、感じてしまったストレスを「排除」する

いわゆる「ストレス解消」の手段を持っておくことが

自律神経を乱さないために、大切なことになります。

 

最悪でも「蓄積させない」ということを意識し

「避けられないストレス」とうまく付き合っていく方法を、探ることも大切になります。

 

まず試して欲しいNo1サプリ
最近の投稿